[TOEICを春休み前までに終わらせるべき6つの理由]-ゼロから始める編入対策-

編入

こんにちは、ろんです。

さっそくですが編入受験生の方はもうTOEICを受けましたか?

TOEICは編入試験を乗り越えるために必要な壁の1つであり、これが原因で編入失敗・志望校を下げるといった結果に陥る人も少なくないんです。

今回はそんな大切なTOEICについて、DMで『TOEICはいつ取るべきですか?』『志望校にTOEIC提出なければ勉強しなくていいですよね』などの質問が来たので回答も兼ねてまとめておこうと思います。

結論から言うと”編入受験生は全員春休み前までにTOEICを終わらせるべき”です。

なぜ全員なのか。なぜ春休み前なのか。

以下でその理由を説明していきます。

なぜ受験生全員TOEICを受けるべきなのか

志望校が変わる可能性がある

おそらく受験生の中には「志望校はTOEIC提出ないから勉強しなくていいや〜」と考えてる方もいるかと思いますが、その考えは危険です。

志望校を早めに決めるのは大切ですが、勉強開始時に掲げた志望校を必ず受験するとは限りません。勉強を進めるにつれてどうしても苦手な範囲が出てきたり、計画的に勉強できなくて志望校のレベルに到達できない可能性があります。

継続的に受験勉強をして初めて自分の実力が見えてくるものです。そういった意味で自分のレベルに合う受験校が決まるのは春休み以降だと思います。

勉強開始時の志望校にTOEIC提出がないからといってTOEICを捨てると、春休みに志望校を変え、急遽TOEICが必要になった時に大変です。TOEIC対策には最短でも一ヶ月、仮に出来たとしてもその間他の受験科目が勉強ができないのは致命的です。

もしもの時を考えたらTOEICは受けるべきです。

滑り止めで必要

第一志望校でTOEIC提出がなくても滑り止めで必要になるかも知れません。

なぜか滑り止めを軽視している受験生が多いですが、編入は倍率が高く狭き門です。一生懸命勉強したとしても本命に合格できるとは限りません。

編入浪人してでも本命校にしか行きたくない!という方以外はしっかり滑り止めも考えてTOEICを受けときましょう。

選択肢が広がる

近年、編入試験にTOEIC提出を課す大学が増えています。そんな中「TOEIC勉強したくないから」という理由で志望校を狭めるのはもったいないですし、今年度から急遽TOEIC提出が必要になるかも知れません。

TOEICを受けた方が受験校の選択肢が増えて、いざって時の保険にもなるので受けない手はありませんよね。

なぜ四年生のうちにTOEICを取るべきなのか

編入前半戦の目標にするため

理想として受験勉強を始めるのは一年前、四年になってからです。しかし四年生のうちは受験までが遠く実感が湧かないため、なかなか勉強習慣がつきません。皆さんも定期テストの前日と二週間前、どちらの方が集中して勉強できていますか?おそらく前者ですよね。それと同じです。

実際に実感が湧いて受験モードに入るのは春休みからだと思います。だから受験前半のうちはTOEICを目標にして勉強するべきなんです。

逆に春休みからTOEIC勉強を開始するのは貴重な受験勉強時間が減るのでオススメ出来ません。定期試験前夜に忘れてた課題をやるようなものです。課題はさっさと終わらせて試験勉強したいですよね?

遅かれ早かれTOEICはやらなきゃいけないので、遅くても春休みまでには終わらせましょう。

5年時に勉強時間を確保するため

🔼でも言いましたが、受験勉強は春休みからが本番です。TOEICが終わってれば、大事な時期に他の科目に集中できます。

また、5年時の英語の授業をTOEICで振替えれば、勉強時間の確保にも繋がります。繰り返しますが、受験直前の勉強時間は本当に大切なので使える手段は何でも活用しましょう。

編入後に余裕を作れるため

少し先の話ですが、大学によっては進級に必要な単位数が多いので編入後の生活が超大変です。少しでも楽にするためにTOEICで単位振替を狙いましょう。

「先の話なら受験終わった後に勉強すればよくね?」と思うかも知れませんが、十中八九やりません。定期試験が終わった翌日から次の試験勉強を始められますか?

そもそも受験期の方が集中できるので、どうせやるなら四年生のうちにやる方が効率的ですよね。

まとめ

このように受験生が早めにTOEIC対策をすることはメリットしかありません。あえてデメリットをあげるなら受験料ぐらいですが自己投資と思えば安いぐらいです。

私の周りには、早めにTOEICの勉強を始めなかったことを後悔してる人・TOEICを取ってなかったせいで行きたい大学に行けなかった人がたくさんいます。

大学編入は人生の分岐点の1つです。この記事を見た方は後悔しないように自分の道を選択してください。
編入
ろんをフォローする
ノベロン

コメント