[編入数学オススメ参考書]-ゼロから始める編入対策-

編入

こんにちは、ろんです。

今日は編集試験対策の数学編ということで、オススメの問題集・参考書を紹介していこうと思います。数学はどの大学でもある必須科目です。しっかり勉強すれば物理の勉強も楽になるので最初に取り組みましょう!

難易度順で紹介するので、ちょうど編入勉強を始める人は最初から、既に勉強中or基本はバッチリという人は自分のレベルに合わせてどんどん先に進んでください。

私自身、地方国立から農電名繊、旧帝大と幅広く試験対策したので多少は参考になるかと思います。

初級編(専攻科・地方国立など)

高専の教科書

新編 高専の数学1問題集 第2版
田代嘉宏
森北出版
売り上げランキング: 349,956

最初は授業で使っている教科書で復習しましょう。使い慣れているものでしょうし導入にはもってこいです。

全ての問題を解き直す必要はありませんが、授業を思い出しながらパラパラと復習し、自分はどこの単元が苦手なのかを見返すと効果的です。

編入数学徹底研究

編入数学徹底研究: 頻出問題と過去問題の演習
桜井 基晴
聖文新社
売り上げランキング: 7,988

編入試験を受ける人はほぼ全員持っている。と言っても過言ではありません。編入数学の全範囲を網羅していて、例題→類題と進んでいく形式なので学習しやすいです。各章末には過去問を含む練習問題があるため大学によってはこれ一冊でもいけます。

ただ、注意点として解説が少し独特なので人によっては合わない人がいるかもしれません。

中級編(農電名繊・地方上位国立など)

編入数学過去問特訓

編入数学過去問特訓: 入試問題による徹底演習
桜井 基晴
聖文新社
売り上げランキング: 15,914

全国の編入試験過去問をA~Cにレベル分けした問題集です。

編入試験は過去問集めが大変であり、手に入っても答えすら公開されてないのが現状です。なので解き方まで載ってるこの問題集は非常に使えます。作者が”編入数学徹底研究”と同じ方なので、徹底研究が気に入った方にはオススメです。

志望校の過去問を解くのはもちろんのこと、他大学の問題にも挑戦して応用力を身につけましょう。

大学編入のための数学問題集

大学編入のための数学問題集
碓氷 久
大日本図書
売り上げランキング: 52,025

全国の編入試験過去問をA~Cにレベル分けした問題集です。

この問題集の基本構造は過去問特訓と同じですが、解説量が全体の半分以上と超親切です。もし過去問特訓の解説が肌に合わない場合はこちらから取り組んでみてはいかがでしょうか。

上記二冊の過去問収録範囲は異なるので併用することでより多くの問題に取り組めます。注意点として、Cに分類されている問題は旧帝レベルなので自分の志望校にあったレベルの問題に取り組みましょう。

上級編(旧帝大・難関校など)

中級編のC問題

中級編で紹介した二冊の問題集のC問題は、難易度が高く解説も丁寧なため非常にオススメです。

私自身、五年生になってからの数学の勉強としてはC問と過去問しか取り組んでいませんしね。

徹底演習

大学編入試験問題 数学/徹底演習(第3版)-微分積分/線形代数/応用数学/確率-
林 義実 小谷 泰介
森北出版
売り上げランキング: 22,236

これが解けるようになれば、どの大学も目指せます。(友人の東大合格者愛用)それぐらい難しいです。

しかし、所々解答が省略されていたりと親切な参考書ではないため、最初の参考書としてはあまりお勧めできません。他の参考書じゃ物足りない方や高みを目指したい方にオススメです。

つまずいた時、復習するならこの参考書!

さて、実際に問題集に取り組んでいくと、苦手な単元や理解が浅い範囲が出てくると思います。そういったときに助かる分かりやすい参考書を紹介します。

最初に基本を完璧にしてから問題集を取り組みたい!って人はここで紹介するものからやってみてください。

マセマシリーズ

公式や定義などを図を用いて分かりやすく説明してくれる参考書です。

苦手な単元でもマセマシリーズを読めば理解がぐっと深まります。特に線形代数と微分積分は基本が大切なのでこれで復習することを勧めます。

単位が取れるノートシリーズ

単位が取れる線形代数ノート (KS単位が取れるシリーズ)
齋藤 寛靖
講談社
売り上げランキング: 217,902

マセマ同様、各単元ごとに分かりやすくまとめられている参考書です。

マセマと比べて自分にとって分かりやすい参考書を選んでください。

単元別の演習書ならこれ!

編入数学入門

編入数学入門: 講義と演習 (大学編入試験対策)
桜井 基晴
聖文新社
売り上げランキング: 97,157

徹底研究の下位学年向けの問題集です。

試験範囲に三角関数や数列、漸化式、確率などがある方は確認しましょう

線形代数 

編入の線形代数徹底研究: 基本事項の整理と問題演習
桜井 基晴
聖文新社
売り上げランキング: 215,883

徹底研究の線形代数特化版です。

徹底研究を何周もして答えを覚えてしまったから他の問題も試してもたい!線形代数が苦手だからいっぱい問題解いて慣れたい!って方におすすめです。

章末問題に過去問があるのでそれだけ解くのも良いかもしれませんね。

微分積分

編入の微分積分徹底研究: 基本事項の整理と問題演習
桜井 基晴
聖文新社
売り上げランキング: 160,522

徹底研究の微分積分特化版です。

大学・高専生のための解法演習 微分積分〈1〉 (極めるシリーズ)
糸岐 宣昭 三ツ広 孝
森北出版
売り上げランキング: 287,963

私は使ってませんが、友人の中でこれを推している人がいたので紹介しておきます。参考までに

複素関数

工学系学生のための 複素関数攻略への一本道
板垣 正文
森北出版
売り上げランキング: 400,562

取っ掛かりにくい複素関数を原理までとても分かりやすく解説しています。筆者独自の公式なども紹介しており、他の本では理解できなかった範囲を一冊で理解が進むので大変おすすめです。by東大合格者M

(私は志望校の試験範囲ではなかったため使ってませんが、東大合格者のお勧めなので紹介)

確率

漸化式や確率の問題のテクニックを学ぶには最適ですが、正規分布や確率密度関数など痒いところには手が届きません。その辺りは過去問特訓や徹底演習を通して学ぶべきです。

まとめ

流れとしては

  1. 徹底研究で基本をおさえる
  2. 過去問特訓or大学編入のための数学問題集で過去問形式の問題に慣れる
  3. 志望校の過去問を解きまくり試験に備える

の基本3ステップで勉強していきましょう。

補足として

1・2で苦手な範囲があればマセマ等で復習。演習量が足りないと思ったら単元別の問題集で演習。など自分の力量に合わせて参考書を選んでください。

膨大な量の参考書の中からオススメなものを紹介しましたが、大切なのは自分に合う参考書を見つけることです。

おそらく、今回紹介した参考書は皆さんお所属する高専の図書館にあると思います。まずは実際に手にとり使用感を試してみてから自分に最適なものを探してください。

コメント