[勉強以外に夏休みにすべきこと]-ゼロから始める編入対策-

編入

こんにちは、ろんです。

今回は編入受験生が夏休みに勉強以外にすべきことについてまとめていきたいと思います。

理想は夏休み中ですが、それより前の時期に編入を意識している学生はもちろん、春休み前で以下のことがまだ終わってない方も、この記事を参考に取り組んでみてください。

以前”勉強以外にすべきこと”についてまとめたので、まだ見てない人は先にこちらを見てみてください。

大学を調べる

まずは色々な大学を調べましょう。

研究内容や校内設備などを参考に自分が大学生活を送りたいと思える大学を探しましょう。

受験生の中には第一志望一校だけを決めて勉強を始める人も多いですが、後で必ず滑り止め用の大学を決めることになります。受験直前になって大学を調べるのは時間的に勿体無いので余裕がある夏休みのうちに調べましょう。

信頼できる情報源を見つける

編入は情報戦です。学力以上に有力な情報を知り効率的に勉強できた人が合格できます。

どんな大学が編入先としていいのか、試験対策はどうやるべきか、オススメの参考書は何か、TOEICは受けるべきなのか、気をつける事は何か、etc

しかし母数の少ない編入情報を自力で調べるには限界があります。

そんな時こそ周りに頼りましょう。先輩でも先生でもネットでも、使えるものはなんでも利用して情報を集めてください。

特に志望校に編入した先輩の情報は超重要です。経験に勝るものはないですからね。身近に先輩が居ない場合はZENPENが開催する大学編入説明会に参加するのをオススメします。

オープンキャンパスに行く

大学を調べて気になるところがあったらオープンキャンパス(OC)に行きましょう。

いちいち遠出するのがめんどくさいと思うかも知れませんが、時間がある人は絶対行くべきです。というか時間がある夏休みが最後の機会です。実際に目で見て決めた大学を志望校にすると勉強のモチベーションになりますし、明確な目標は頑張る糧になります。逆に適当に志望校を決めると辛い時期に簡単に投げ出しちゃいますしね。

院まで進むとして、四年間在籍する大学なら適当に決めるべきではないですよね。

他にも、OCに行った時に先輩の知り合いを作って編入情報を聞いたり、行ったついでに学生課で過去問をもらったり、面接時のネタ作りに役立ったり(志望動機に組み込んだり、OCに来たかという質問に答えられる)と様々な場面で活用できます。

志望校をリストアップする

上記の内容を加味して「この大学面白そうだな」と思えるところを5個くらいリストアップしておきましょう。

多ければ多いほど、受験校を確定する時に非常に助かります。

リストアップするときに、大学の偏差値や受験科目で選んではいけません。四年の夏休みから本気で対策すれば旧帝大も狙えます。はじめに低い目標を設定すると、その目標すら達成できない可能性があります。目標を高く持ち、研究内容や大学の雰囲気から本当に自分が大学生活を送りたいと思える大学を選んでください。

勉強計画を立てる

「さあて、下準備も終わったし勉強始めるか」と思ったそこの受験生!勉強を開始する前に勉強計画を立ててください。

計画を立てることで自分の勉強ペースを把握できます。編入受験は長期戦なのでこれを適当にやると受験当日に万全な状態で望めないかも知れません。

定期試験の前夜に慌てて詰め込むのは嫌ですよね?定期試験の何倍も広い範囲の受験を効率的に乗り越えるには勉強計画を立てるべきです。

効率的な勉強計画の立て方は後日まとめます。

まとめ

上記の内容を見て、「なんだよ、普通のことじゃん」と思うかもしれませんが、これらの作業を受験直前や勉強に費やすべき春休みに慌ててしている学生もいます。

これは本当にもったいないです。受験勉強に専念するためにも事前準備は余裕を持って時間があるうちに終わらせましょう。

コメント